口唇ヘルペスの症状や再発したの時の対応などをしっておくことで、口唇ヘルペスが早く治ったり、他人に感染するのを防ぐことができます。また、口唇ヘルペスの原因になる単純ヘルペスウイルスのことを知って口唇ヘルペスと上手く付合っていく情報提供が出来ればと思ってます。

単純ヘルペスウイルスとは

単純ヘルペスウイルスとは、口唇ヘルペスや性器ヘルペスを発症させる原因となるウイルスのことです。ついつい勘違いされやすいのですが、ヘルペスは皮膚病ではなく「感染症」です。

単純ヘルペスウイルスに感染して発症したことが原因で皮膚が赤く腫れたり水泡ができて痛みを伴うのです。

単純ヘルペスウイルスは、ヘルペスを発症している患部に接触して感染したり、ウイルスが付着したタオルや食器などから感染しますが、皮膚の免疫力が低下している場合に感染しますので、普通の健康状態であれば簡単には感染しません。

皮膚の免疫力が低下している状態とは、怪我をしている。アトピーが発症している。湿疹などが出ているなどが考えられます。

その他に、唾液でも感染します。口唇ヘルペスが発症している場合はキスを控えましょう。

単純ヘルペスウイルスには1型と2型があり、主に口唇ヘルペスは1型、性器ヘルペスは2型が影響しているます。違いとしては、再発を繰り返す頻度が2型の方が高いことと、発症する場所が変わってくらいです。

神経細胞の奥に感染するなどの特徴はどちらのタイプでも同じです。


このサプリメントで、ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスの活動を弱めてくれます。くわしい内容は


↓ こちらから ↓


リシン+プラスの詳しい内容へ