口唇ヘルペスの対応

口唇ヘルペスは再発して患部に水泡ができた場合は、患部を直接手で触るようなことは、口唇ヘルペスを他に感染させてしまう恐れがあるので注意が必要です。どうしても触ってしまった時は、すぐに手を洗いましょう。

口唇ヘルペスは唇の回りに発症するので、食事をする時や外見が気になるなど精神的に辛い思いをしてしまいます。特に女性は化粧をしなければなりませんが、口唇ヘルペスが発症している場所はどうすることもできないで辛い思いをされています。

外見が気になるのはとても分かりますが、無理に口唇ヘルペスを隠そうとすると患部を刺激して更に悪化させてしまうことが考えられます。

どうしてもの場合は、アメリカ製の口唇ヘルペス専用塗り薬などがありますから、そちらを塗ってから対処されるなど方法があるかと思いますが、試したわけではありませんので、判断はお任せします。

このような口唇ヘルペスですが2週間位で治ってきます。2週間も待てない方は病院で診察して抗ウイルス薬を処方してもらうなどで治りが早まると考えられます。また、先ほどでも書きましたが、口唇ヘルペス専用の塗り薬も手に入れることができますので、そちらを利用されると良いと思います。